About GLocal

会社概要

社名グローカル株式会社(GLocal Co.,Ltd.)
設立2004年10月1日
資本金1,000万円
代表者代表取締役社長 大野 秀昭
事業内容自動車業界へのアウトソーシングサービス提供
半導体業界へのアウトソーシングサービス提供
ソフトウエア業界へのアウトソーシングサービス提供
 ● ● ●
本社神奈川県横浜市港北区大豆戸町538(JR新横浜駅)
TEL: 045-402-9111(代表) FAX: 045-432-7712
愛知営業所愛知県刈谷市住吉町3-8 (JR刈谷駅)
大阪営業所大阪市淀川区西宮原1-8-24 新大阪ドイビル6F
デザインセンター 浜松
横浜
愛知
浜松市中区森田町248
横浜市港北区大豆戸町538
愛知県刈谷市住吉町3-8
海外事務所韓国事務所(大邱広域市 永進専門大学内)

会社理念

Think globally, Act locally.

“グローバルに考える”ということは、一昔前に流行した“グローバルスタンダード”といったような(西欧的)単一価値観に基づいて考えるという意味ではありません。
それは、世界中のあらゆる人々と個別的に相互理解を積極的に行い、特定の文明に依存することなく合理的に考えるということです。

“地域に適した行動をする”ということは、上記価値観に基づいて考えた結論を持って、その活動する地域に適合した行動をとるということです。当社の場合は、日本で活動することが多いので、必然的に日本という地域に適合した行動をとることが多いですが、もちろん、過去に経験したアメリカや韓国、ベトナムでの開発シーンにおいては”地域に適した“行動を行うこととしています。

代表挨拶

現在進行形ですが、この2年間の世界の動きは劇的でした。

中東を中心としたISが猛威を振るい、欧米主要都市でテロを起こし、西欧諸国はそのいつ来るかわからない恐怖に怯えました。 その過程で難民問題が顕在化され、中東(シリア)難民問題とは直接は関係ありませんが、移民問題も理由の一つとしてイギリスのEU離脱方針が決定しました。
トランプ大統領が誕生し、欧州各国も保守、保護主義を掲げる党が勢力を伸ばしました。
自由貿易によってこの世の春を謳歌した先進国各国が、自国の内なる鬱憤を糧に、それを否定しようとしています。

そして、現在では視線の中心はアジアに向けられました。
キナ臭い軍事衝突の可能性が高まり、我々日本の上空をミサイルが飛翔し横切っていく、不快な時代となりました。 欧米の動きであれ、アジアの動きであれ、スティーブン・ホーキング博士によれば地球は今最も危機に瀕している状態だそうです。

これらの問題は、近視眼的にみれば細かな解決点が複数あるように見えますが、本質的には国内外を問わず設定されている“壁”を壊すことにあると博士は述べています。 “壁”を挟んで両端にあるのが“格差”で、国同士の格差、国内での格差それぞれそれは避けられない進歩であるものの、同時にそれは社会的に破壊的なものだとしています。 今起こっている出来事の全ては、その“壁”をより厚くより高くしようとすることから発生していて、人類の英知はこれを破壊できるかどうかに、地球の将来がかかっているとしています。

少し幸いなのは、世界はそれでもこれまで“それなりに妥当な結論”を出し続けていて、さらに幸いなのは、日本国内は自民党政権で安定しており、粛々と問題点に対応していることです。 もちろん、個別具体的にはより良い手段もあるのかも知れませんが、とにかくこのような時期に対応が安定していることは重要です。

そして、国際問題に関心が高いこの期間にも国内ではジャブのようにジワジワと影響していのが就労人口減少問題です。
大手外食チェーンでも従業員不足から、営業時間の短縮や人不足閉店などは珍しくありません。
中小企業では、人不足倒産という言葉もでてきました。
個人的な経験ですが、大手牛丼チェーン店で、ポルトガル語しか書いていない求人の張り紙を見た時には驚きました。 これしか読めない人に接客されるのは大丈夫かと心配になりますが、逆にそれを許容しなければこの店舗が無くなるかもしれないと思うと、受け入れざる負えません。 都心でのコンビニでは、あらゆる国籍の人がたくさん働いています。

単純労働で比較的労働力を確保しやすいこれらの分野でもこの状況です。
我々がサービスを提供している高度な技術開発分野では、もっと人材確保が難しい環境のはずですが、技術革新による工数の削減と、需要変動に対する柔軟な工数対応によって、まだ、そこまでは顕在化していません。
しかし、このジャブはある日突然、痛烈に効いてきます。

日本は地政学的にもともと壁があります。 しかし、この国際的状況と国内問題両方の視点から、壁がもう少し低い方が総合的に日本に有利だと考えます。 我々はこの壁を壊さずに下げられる会社です。 自ら生み出したジャブが原因で、自らがひざまずくことを回避できるよう、我々はこれからも邁進していきます。

グローカル株式会社

2017年9月

代表取締役  大野 秀昭